kouhai.JPG

​両親がバイオレット因子を持っている場合は

SFなら「NV」「VN」、DFなら「VV」を選択。非バイオレット個体は「NN」を選んでください。

※バイオレットでない因子の本来の表記は「v」で扱っていますがここでは「N」とさせていただきます。

記入例

DF(ダブルファクター)→VV

SF(シングルファクター)→VN・NV

​非バイオレット(バイオレットを持たない)→NN

ここにペアリングしたい両親の遺伝情報を入力(選択)します。

常染色体れっせい遺伝で通常、因子を持たない場合「Bb」「Dd」のように小文字表記で書いていますが、この舘では小文字ではなく「N」と表記します。解釈は「None」でも「Nomal」でも構いません。

​また、♀は「Z」のみでの発色決定なので「W」は固定になります。

因子表記

​常染色体劣性遺伝因子

N=ノーマル

B=ブルー

D=ダイリュート

​M=ミント

​伴性劣性遺伝因子

Z=ノーマル

Z(ys)=ワキコガネ

Z(cn)=シナモン

​Z(cn-ys)=パイナップル

表現色例:

NNZZ(cn-ys):♂ノーマル/​パイナップル→♂ノーマル色でパイナップルをスプリットで持っている。

BBZ(cn)W:♀ブルーシナモン など

ここにペアリングしたい両親の遺伝情報を入力(選択)します。

主に常染色体遺伝因子と伴性劣性遺伝因子になります。

♀はメス決定因子「W」は固定となります。

常染色体優性遺伝の表記は通常、B↔bやD↔dと持ち合わせない場合小文字表記をしていますが、この舘では「N」に置き換えて表記しています。解釈は「None​」でも「Nomal」でも構いません。

ウロコインコ交配の舘